草津店 店長

出倉 勝幸

仕事における わたしのモットー

魚屋という仕事は、だれにでもごく身近にありながらも、特殊で珍しい。

そんな仕事を、どう自分が楽しめるかを追求している。

好きな魚

平目(ヒラメ)

食べて好きなのは九絵。冬の時期の鍋は最高!

捌いて好きなのは、平目。自分としては得意魚種。捌くスピードを養っている時に、「太刀数を減らすと、おのずとスピードも上がる」ことを学べた魚。でも僕は基本的には力ずくのパワーファイターですけどね…(笑)

店舗のこだわり

値打ちある魚を、対面コーナーで分かりやすく陳列する。

見た目とは裏腹に、血液型A型の几帳面タイプなので、商品パックも整然と並べることに拘る。パックの両隣りに指1本分の隙間を空けると、お客様が商品を取りやすい。

来世に生まれ変わるなら

九絵(クエ)

九絵。希少価値がある。

カマス

仕事で譲れないこだわりはありますか?

出倉 勝幸

スタッフの全ての行動・献身に対して、「有難う!」という感謝の言葉を絶対に欠かさないこと。

カマス

この仕事の他にしたかった仕事はありますか?

またそれは何ですか?

出倉 勝幸

どんな仕事も結局は人と人との繋がりなので、それを司る人事の仕事をしてみたかった。

カマス

包丁で手を切ってしまった経験で、最も深い傷は?

出倉 勝幸

サーモンを捌いていた時に、包丁で指を切ったのではなく、包丁の柄を握ってフルパワーで押しこんだら、右手親指の爪先で右手人差し指の先端をえぐってしまった(笑)

カマス

仕事で一番辛かったことは何ですか?

出倉 勝幸

当時の先輩社員が新人さんに対して行った指導に、行き過ぎを感じたので激しく反抗して詰め寄った。怒り収まらず壁を殴ったら指を2本骨折してしまい、包丁を持てなくなった。その影響で当時お造りを一緒に担当していた現祝園店髙橋店長が、2倍の仕事量をこなさなくてはならなくなった(笑)

カマス

若い方に伝えたいことは何ですか?

出倉 勝幸

謙虚でありなさい。

カマス

“お客様”との忘れられない想い出は?

出倉 勝幸

お客様が居酒屋さんだと分かると、99%そのお店に食事に行き、仲良くさせてもらった。

カマス

“お魚様”との忘れられない想い出は?

出倉 勝幸

72cm、5~6kgの大物の鯛を釣り上げたのだが、非常に細い釣り糸(PEライン0.4号)で奇跡的に釣り上げられたこと。

出倉 勝幸

カマス

鮮度抜群だから丸魚のまま店頭に並べてもらいました!

© NISHIASA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 西浅

本社 〒602-0011 京都市上京区室町通鞍馬口下る森ノ木町462

草津店 店長 出倉 勝幸