西浅の約束

魚屋としての“あたりまえ”を守り、挑み続ける。

西浅には、昔も今も大切にしている

心掛けがあります。

いつも旬が味わえる魚屋である。

ひとときの旬を逃がさない、まさに“一旬”をどれだけ取り揃えるか。

店舗ごとに店長自らが毎朝早く魚市場に足を運び、

きょう一番のおいしい魚を見極めて、きょう一番のおいしい店頭をつくります。

もちろん、マーケティング調査をはじめ、お客さまの声に耳を傾けながら。

旬を重んじながら扱う魚種や数量など、各店舗にその裁量は委ねられています。

食べている人の笑顔を想像する。

食べる人にとって良質でおいしくお買い得な魚かどうかを考え抜く。

そのために店長のみならず従業員が一丸となって魚の鮮度や脂ノリから

刺身や切り身鮨や惣菜などどのような商品が相応しいかを企画します。

そしてまた毎日変わる仕入れ値に対し最適な値付けをして販売を行っています。

店舗ごとに企画から販売にいたるまで自分たちですべて手がけています。

天然ものを特別なものにしない。

もっと身近にもっと手軽に、天然の魚を届けられないか。

そんな思いから産地の漁港から直接、活きのいい魚を取引しています。

旬はもちろんですが鮮度と脂ノリも天然もののおいしさの理由です。

養殖や冷凍と上手に付き合いながらも常に天然にこだわる。

天然の魚を届けることは本物の魚のおいしさを届けることだと考えています。

という伝統文化を提供し続ける。

失われつつある魚を見て知って料理する機会。

簡単に調理できる魚の商材が出回った一方で、魚のよさが忘れられています。

だからこそ店頭では魚の旬やおいしい食べ方を

お客様にお伝えすることも大切にしています。

魚を捌き販売することは伝統文化を提供する使命でもあります。

町の魚屋さんに留まらず魚屋のイメージを変え続けることも私たちの役目です。

© NISHIASA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 西浅

本社 〒602-0011 京都市上京区室町通鞍馬口下る森ノ木町462

西浅の約束

ひとときの旬を逃がさない、まさに“一旬”をどれだけ取り揃えるか。店舗ごとに店長自らが毎朝早く魚市場に足を運び、きょう一番のおいしい魚を見極めて、きょう一番のおいしい店頭をつくります。もちろん、マーケティング調査をはじめ、お客さまの声に耳を傾けながら。旬を重んじながら扱う魚種や数量など、各店舗にその裁量は委ねられています。

もっと身近にもっと手軽に、天然の魚を届けられないか。そんな思いから産地の漁港から直接、活きのいい魚を取引しています。旬はもちろんですが鮮度と脂ノリも天然もののおいしさの理由です。養殖や冷凍と上手に付き合いながらも常に天然にこだわる。天然の魚を届けることは本物の魚のおいしさを届けることだと考えています。

食べる人にとって良質でおいしくお買い得な魚かどうかを考え抜く。そのために店長のみならず従業員が一丸となって魚の鮮度や脂ノリから刺身や切り身鮨や惣菜などどのような商品が相応しいかを企画します。そしてまた毎日変わる仕入れ値に対し最適な値付けをして販売を行っています。店舗ごとに企画から販売にいたるまで自分たちですべて手がけています。

失われつつある、魚を見て、知って、料理する機会。簡単に調理できる魚の商材が出回った一方で、魚のよさが忘れられています。だからこそ店頭では、魚の旬やおいしい食べ方をお客様にお伝えすることも大切にしています。魚を捌き、販売することは、伝統文化を提供する使命でもあります。町の魚屋さんに留まらず、魚屋のイメージを変え続けることも私たちの役目です。