葛野店 店長

山内 和弘

仕事における わたしのモットー

誠実・正直・素直

好きな魚

横輪(ヨコワ)

職人として見習いの頃からよくおろしていた魚。

今でも休みの日の夜になれば魚をおろしたくなってくるが、その時イメージするのがヨコワ。
骨に身ができるだけ付かないようにするなど精度の追求をする。

店舗のこだわり

地域の皆様にとって頼りになる魚屋を目指す。

お客様に寄り添い、対面販売を中心に「あそこへ行けば何でも聞いてもらえる」と

思ってもらえるような近い存在の店でありたい。

太刀魚(タチウオ)

来世に生まれ変わるなら

太刀魚。どこが?とかは特になく、ただ惹きつける何かを持っていると思える魚です。

さらにはあの鋭い牙を持ってるくせに「回遊魚」とされているのも憎い点。

なので、なるなら太刀魚になって、どんな気分でぷかぷかしているのか知りたい。

キンメダイ

仕事のやりがいは何ですか?

山内 和弘

仕入れ、調理、接客、販売など全てにおいてやりがいが

ある。

キンメダイ

包丁で手を切ってしまった経験で、最も深い傷は?

山内 和弘

つい最近かなり深い怪我をしてしまいました・・ブリの頭を割ってちょっとでも商品に活かそうとして欲を出してしまった(笑)

キンメダイ

今までに食べた中で一番おいしかった魚料理は?

山内 和弘

自分で過去に漬けた自社のサワラ味噌漬け。

たぶんこれ以上無いであろうサワラの味噌漬けを食べたと思っている。サワラの身質、脂、味噌の配合や漬かり具合もマッチした絶妙な逸品でした。単体であれを越えるものは未だ無しですね。

キンメダイ

若い方に伝えたいことは何ですか?

山内 和弘

負け続けても大丈夫!勝ちにいこうと思える時が来る。
そう思えたら1人前。

キンメダイ

“お客様”との忘れられない想い出は?

山内 和弘

昔所属していた店舗のお客様で、母娘で来られていた方がいたのですが、そのお母様から「娘は拒食症であまり食べられないのですがおすすめのものはありますか?」と尋ねられました。そこでいろいろ考えて当時お造りは1種類5貫〜7貫盛りが主流の中、2貫だけの少量盛りにしたり、サーモンの生臭みが少なくなるよう炙ったりしてご提供していたところ、徐々に食べられるようになってご本人様もお母様もとてもお喜びでした。異動の際にはお手紙も貰いました。そういった経験が今の自分の店作りや接客のスタンスになっています。

山内 和弘

キンメダイ

きれいに捌いて美しく盛ってもらいました。

キンメダイ

この仕事を志したきっかけは?

山内 和弘

親父が西浅で働いていて、その頑張っている姿や苦労を間近で見ていた。そうやって家族を支えている様子を見て、自分もやってみようと思ったのがきっかけです。

© NISHIASA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 西浅

本社 〒602-0011 京都市上京区室町通鞍馬口下る森ノ木町462

葛野店 店長 山内 和弘